赤ら顔対策向けの化粧水・化粧品・スキンケア用品おすすめランキング!

赤ら顔対策スキンケア用品おすすめランキング
 

■お急ぎの場合は↓ボタンクリックで、おすすめランキングまで一気にジャンプします。

 

頬の赤み、赤ら顔対策向けのスキンケア用品が人気です!

「温度変化が激しいと、すぐに顔が赤くなってしまう」
「体調は普通なのに、顔が赤いせいで人から心配される……」
「酔っぱらってないのに、常に顔が赤いのが恥ずかしい」

と、昔から頬の赤み、酒さ、赤ら顔で悩む人は多い傾向があります。

赤ら顔になってしまう原因はいくつかの要素があり、症状の程度も人さまざま。

重度な赤みを帯びている場合は、医師による診療が必要となりますが、最近では赤ら顔さん向けのスキンケア用品も販売されており、自宅でも赤ら顔のセルフケアができるようになりました。

そんな、注目が高まりつつある赤ら顔さん向けのコスメのおすすめを比較し、わかりやすくランキング形式でご紹介していきます。

この記事が、あなたのお肌の赤み対策のお役に立てれば幸いです。

 

赤ら顔対策用の化粧水・化粧品・スキンケア用品を選ぶときの3つのポイント!

赤ら顔対策スキンケア用品の選び方

「赤ら顔対策がしたいけど、どのスキンケア用品を選べばいいのか分からない」
「赤ら顔向けのコスメ選びのコツが知りたい」

というときに覚えておきたい、赤ら顔対策向けスキンケア用品選びの3つのポイントをご紹介します。

このポイントを押さえておけば、肌への効果を感じやすいスキンケア用品を選べます!

【赤ら顔さん向けスキンケア選び3つのポイント!】

  • 保湿成分(セラミドなど)配合で、肌のバリア機能を高めてくれるものを選ぶ
  • 肌への安全性が高いもの(肌刺激が少ないもの)を選ぶ
  • 続けやすい価格帯のものを選ぶ

 
順に、詳しく見ていきましょう。

選び方①保湿成分(セラミドなど)が配合されており、肌のバリア機能を高めてくれるものを選ぶ

お顔の皮膚の下(頬の下)には多くの毛細血管が張り巡らされています。

この毛細血管が透けて見えてしまい、ほっぺ全体が赤く見えてしまうのが赤ら顔の主たる原因です。

中には「生まれつき皮膚が薄いため、頬の赤みが目立ちやすい」という人もいます。

ですが、中には間違ったスキンケアが引き金となり、皮膚がどんどん薄くなってしまっているケースもあります(ビニール肌など)

皮膚が薄くなると、皮膚の下に流れる血管がより一層、透けて見えやすくなるため、頬が真っ赤に見えてしまうようになります。

よって、赤ら顔対策として一番重要となるのは「保湿」です。

赤ら顔で悩んでいる人の肌質は、どちらかというと敏感肌寄りになる傾向があります。

敏感肌では、ちょっとした刺激で顔が赤みを帯びたり、皮膚にかゆみが出る、化粧品にピリピリ感を感じるといった症状が現れます。

毛細血管が透けて見えるほど肌が薄くなっている赤ら顔さんのお肌は、肌のバリア機能も落ちていることが多いため、まずは徹底した保湿ケアが大切

保湿成分には以下のようなものが挙げられます。
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・スクワラン
・プロテオグリカン
・ペパリン類似性物質
・アミノ酸
・グリセリン
・ワセリン
……等

中でも、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンは「3大保湿成分」とも呼ばれ、さまざまな基礎化粧品に配合されています。

赤ら顔対策に保湿をする場合は、やはり「セラミド」配合の化粧水コスメは外せません。

セラミドは水分をはさみこんでキープする能力があります。

保湿成分として定評のあるセラミドが配合されたスキンケア用品を選んで、肌の保湿対策を行いましょう。

美肌先生

「セラミド配合!」とパッケージに書かれた保湿アイテムは数多く販売されています。

しかしながら「セラミド配合」と表記されていても、本当のセラミドが使われていないケースもあります。

【例】セラミド類似成分の表記名
・スフィンゴリピッド
・レシチン
・ステアリン酸コレステロール……等

上記のようなセラミド類似成分(疑似セラミド)にも水分キープの働きはありますが、お肌への効果面ではやはり本物のセラミドのほうが頼もしいです。

本物のセラミドは、成分表記名が以下のように記載されています。

【例】本物のセラミドの表記名
・セラミド1
・セラミド3
・セラミド5
・セラミド6Ⅱ……など

正真正銘のセラミドは「セラミド+数字」形式の成分表示が取られます。

セラミド配合のコスメを選ぶ場合は、「セラミド+数字」の表記を合わせてチェックしてみてください。


 

選び方②肌への安全性が高いもの(肌刺激が少ないもの)を選ぶ

スキンケア用品は、選び方を間違えると肌に刺激となるものも多数存在します。

赤みが出やすい肌質である赤ら顔さんの場合は、化粧品に含まれるアルコール分や界面活性剤、香料、着色料などの成分が負担になるケースも。

安全性を重視して作られたスキンケア用品を選ぶのが、赤ら顔対策への近道。

あまりにも安すぎる化粧水や使用期限が切れたコスメの使いまわしは避けましょう。
 

選び方③続けやすい価格帯のものを選ぶ

スキンケアでの赤ら顔ケアは、毎日こつこつ続けてこそ効果に期待が持てます。

「高い化粧水を買ったはいいけど、お財布に厳しくて続かない」
「高いコスメだったので、もったいなくてちょっとずつしか使いたくない!」

……といった感じでは、なかなか成果が出にくくなってしまいます。

たっぷりと惜しみなく使えて、そして、じっくりと長く使っていける価格帯のスキンケア用品を選ぶのも、赤ら顔対策において大切なポイントとなります。

.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*

以下は、人気の高い赤ら顔さん向けスキンケア用品の比較表です。

数ある赤ら顔用スキンケア用品の中から選りすぐりのものを見比べてみましょう!

 

赤ら顔スキンケア用品の比較表

1位 2位 3位
名称 ULU(ウルウ) 白漢しろ彩 シロメル
商品画像 ウルウ(ULU) しろ彩 シロメル
種類 オールインワン 化粧水 化粧水
通常価格 5610円(税込) 6160円(税込) 6500円(税込)
初回価格 3960円(税込) 4928円(税込) 1800円(税込)
2回目価格 3960円(税込) 4928円(税込) 4980円(税込)
返金保証 記載なし 30日 記載なし
定期継続条件 回数縛りなし 回数縛りなし 3回継続必要
内容量 110ml 100ml 120ml
テクスチャー しっとり系 とろみあり とろみあり
赤み対策成分 アンボラエキス 海洋深層水エキス オタネニンジン根エキス
オウゴン根エキス
マグワ根皮エキス
ショウガ根エキス
……等(複合的)
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

赤ら顔対策化粧水・化粧品・スキンケア用品おすすめランキング!

  1. ウルウ(ULU)

    ウルウ(ULU)(日本ドライスキン研究所)

    定期初回:
    3960円(税込)
    種類:
    オールインワン美容エッセンス
    販売会社:
    日本ドライスキン研究所
    関連記事:
    ULU(ウルウ)成分解析
    価格 4.0
    使用感 4.5
    効果 4.5
    ウルウ(ULU)は、オールインワンタイプの赤ら顔対策スキンケア用品です。

    これ1つで、化粧水、乳液、導入液、美容液、ふき取り化粧水としての5役の効果を持っているため、他のスキンケア用品を揃える必要がありません。楽ちん。

    赤ら顔さんのお肌は、外部からの刺激に敏感になっていることが多いため、スキンケア時に肌を触る回数を減らすことができるという点でも優秀。

    保湿成分にはセラミドをしっかり含んでいるため、肌のバリア機能を強化する手助けにも期待が持てます。

    また、肌刺激となる防腐剤や界面活性剤、シリコン、ポリマー、鉱物油、香料、着色料、石油成分などの危険成分も無添加となっているため、安全に使っていくことができるのも◎

    赤ら顔対策向けのスキンケア用品選びに迷ったときは、ウルウ(ULU)を真っ先にチェック!

    おすすめポイント!

    ・低刺激で安全性高し
    ・セラミド配合の保湿力◎
    ・浸透力が高め
    ・オールインワン化粧品なのでこれ1本でお手入れ完了!

    商品詳細を見る

  2. しろ彩

    白漢しろ彩

    定期初回:
    4928円(税込)
    種類:
    化粧水
    販売会社:
    株式会社エクラ
    関連記事:
    しろ彩の成分解析
    価格 3.5
    使用感 4.0
    効果 4.5
    白漢しろ彩は、口コミサイトなどでも人気の高い、赤ら顔さん向けの化粧水です。

    普通の化粧水と比べるとお値段はちょっとお高めの設定ではありますが、赤ら顔でお悩みの方からの良い口コミレビューが多いため、赤ら顔や酒さでお悩みの方は試してみる価値があります。

    白漢しろ彩は、公式ショップから定期コースを通販すると返金保証が30日ついてきます。

    「自分の肌に合うかどうかを、本商品で試してみたい!」という場合にも手に取りやすいのが嬉しいです!

    おすすめポイント!

    ・口コミ人気も高い、赤ら顔向け化粧水
    ・返金保証30日あり

    商品詳細を見る

  3. シロメル

    シロメル

    定期初回:
    1800円(税込)
    種類:
    化粧水
    販売会社:
    ファーストフレンズ
    価格 3.5
    使用感 4.0
    効果 4.0
    シロメルは、和漢エキス配合の赤ら顔対策化粧水です。

    保湿成分にはセラミド、ヒアルロン酸が配合されています。

    定期コースは継続回数の縛りがあるため(3回以上の継続が必要)、お試しのしやすさを加味した上で今回はこの順位ですが、人気は急上昇中です。

    近年、注目を集めている「ヒト幹細胞エキス」も使われており、インフルエンサーさんや美容ブロガーさんからの注目度も高いです。

    おすすめポイント!

    ・和漢エキスと保湿成分で赤ら顔にアプローチ
    ・ヒト幹細胞エキス配合

    商品詳細を見る

  4. ピオリナ

    ピオリナ

    単品価格:
    4900円(税込)
    種類:
    化粧水
    販売会社:
    株式会社tattva
    価格 3.0
    使用感 4.0
    効果 4.0
    ピオリナは、漢方エキスを配合した赤ら顔対策向けの化粧水となります。

    お水のようなテクスチャーでさっぱりと使え、その後はお手持ちのスキンケア用品で保湿を行います。

    化粧水でさっぱりと、赤ら顔対策をしてみたい人は試してみるのもいいでしょう!

    おすすめポイント!

    ・化粧水タイプがお好みの方向け
    ・和漢×セラミドの力

    商品詳細を見る

  5. エスケーツー(SK-II) フェイシャルトリートメントエッセンス

    SK-II フェイシャルトリートメントエッセンス

    単品価格:
    9980円(税込)※店舗による
    種類:
    エッセンス
    販売会社:
    P&Gプレステージ合同会社
    価格 1.5
    使用感 4.0
    効果 4.0
    SK-IIのフェイシャルトリートメントエッセンスは、独自成分のピテラ※を配合。

    お肌の乾燥にアプローチし、赤ら顔の原因となる「保湿不足」に働きかけます。

    ブランドのあるメーカー品((SK2)ということもあり、1本あたりのお値段が高いため今回はこの順位ですが、全体的なお肌の乾燥でお悩みの方はチェックしてみてください。

    *ピテラ(TM):特別な酵母の株から、独自のプロセスで発酵させ生み出した、SK-IIだけの天然由来成分
    (SK-II独自のガラクトミセス培養液-整肌保湿成分)

    おすすめポイント!

    ・浸透力高めのエッセンス
    ・SK-IIの保湿アイテム

    商品詳細を見る

赤ら顔さん向け化粧水・化粧品・スキンケア用品の総評!

1位の「ウルウ(ULU)」は、安全性が高く、肌の弱い人でも安心して使っていくことができる、赤ら顔さん向けのスキンケア用品です。これ1つで多数の効果(化粧水、乳液、導入液、美容液など)を持っているため、基本的なお肌のお手入れがワンステップで完了します。浸透力も高いです。

2位の「白漢しろ彩」は、トロッとしたテクスチャーの、赤ら顔対策化粧水です。口コミ人気も高く実績のあるものが使いたい人は、しろ彩がおすすめ。返金保証は30日用意されています。

3位の「シロメル」は、とろみのある化粧水です。和漢エキスやセラミドをはじめ、ヒト幹細胞エキスやアルテロモナス発酵エキスなど、話題性のある成分が配合されています。

4位の「ピオリナ」は、赤ら顔対策向けの化粧水です。水のようなテクスチャーでさっぱりと使えます。

5位の「SK-II フェイシャルトリートメントエッセンス」は、赤ら顔だけでなくお顔全体の乾燥対策に。浸透力高めのエッセンスです。


迷ったらこれ!当サイトのおすすめ1位の化粧水!

ULU

ここまでで3つの赤ら顔対策スキンケア用品をご紹介しましたが、それでも迷ってしまったときのいちおしは「ウルウ(ULU)」です。

ウルウ(ULU)は、赤ら顔さんが基礎化粧品を選ぶときのポイントである、

・保湿力のあるもの(セラミド配合)
・安全性が高く低刺激なもの
・続けやすい価格帯

という点をすべて満たしています。

また、オールインワン化粧品でもあるため、これ1本でスキンケアを終わらせることができます。

それにより、肌の摩擦による赤みや肌トラブルを、物理的に抑えることも可能です。

赤ら顔対策を総合的に考えると、やはりウルウ(ULU)がいちおしとなります。


>返金保証付・送料無料はこちら<
ウルウ(ULU)を公式サイトでチェック

 

赤ら顔に関する、よくある質問Q&A

赤ら顔の原因は?

お顔が赤くなってしまう「赤ら顔」の状態になってしまう原因には以下のようなものがあります。

■間違ったスキンケアによるもの
お顔の表面の角質層は0.02ミリほどです。

0.02ミリというと、ラップと同じくらいの厚みになります。

皮膚表面はとても薄くてデリケートですので、洗浄力の高すぎるメイク落としを使っていたり、洗顔時に肌をごしごしこする、肌に合わない化粧品を使い続けるなどした場合、肌が炎症を起こして赤みが出る場合があります。

とくに、スクラブ洗顔やピーリングを使い続けていると、角質が取られすぎて肌がどんどん薄くなり、肌内部の毛細血管が透けて見えやすくなります。(ビニール肌、敏感肌など)

このように、間違ったスキンケアによって、赤ら顔が悪化してしまいます。
 

■外的要因、内的要因によるもの
温度差や緊張感、飲酒、スパイシーで辛い食べ物の摂取によって、お顔が赤くなるケースもあります。

赤ら顔の要因は、毛細血管が拡張が主な原因です。

生まれつきお肌の白い人ほど、毛細血管は透けやすくなり、赤ら顔が表面化しやすいです。
 

赤ら顔を何とかしたい!対策方法は?

■冷たいタオルなどでお顔を冷やす
温度差や緊張感でお顔が赤くなった場合は、冷たいタオルなどでお顔を冷やすと、毛細血管の伸縮がやわらぎ、早めにお顔の赤みを和らげることができます。

生まれつきの赤ら顔には向きませんが、突発的な赤ら顔対策に有効です。
 

■赤ら顔対策:高保湿スキンケアで肌のバリア機能を高める
赤ら顔の原因は、主として「皮膚の下の、毛細血管の拡張」が原因です。

間違ったスキンケアによって、肌のバリア機能が落ちてしまうと、肌も直接的なダメージを受けやすくなり、毛細血管に影響も影響が及びます。

肌のバリア機能を高めるためには、保湿が重要

ご自宅でのセルフケアなら、セラミド入りの化粧水やクリームで高保湿ケアを行うのがおすすめです。
 

■赤ら顔対策:メイクで隠す
赤ら顔をメイクで隠したい場合は、コントロールカラー(化粧下地)をうまく利用しましょう。

コントロールカラーのお色は、グリーンかブルーがおすすめです。

逆に、ピンク色の化粧下地は頬の赤みが強調されてしまうので避けてください。

ファンデーションの厚塗りで赤みを隠すのではなく、化粧下地を使うことで厚塗りにならず、広い範囲をカバーできます。
 

■医療機関でのレーザー治療で治す
最近では、赤ら顔対策にレーザー治療を選ぶ人も増えてきています。

医療機関によっては、痛みの少ないレーザーや安全性の高い治療法もあります。

※治療時の痛みは、輪ゴムでパチッと弾かれている程度の痛みと表現されるケースが多いです。

病院での赤ら顔対策レーザーは治療費が高額になる傾向がありダウンタイムの発生(腫れる、痛みが出るなど)など、日常生活にもしばらくの間は支障が出ます。

治療費はお肌の面積やレーザーのショット数によっても変動するので、経過を見つつ医師と相談しての通院が必要です。
 

赤ら顔対策時に気を付けることは?

赤ら顔を悪化させない、目立たなくさせないためには、日常生活において以下の点に気を付けましょう。

■紫外線対策を徹底する
赤ら顔対策だけに限りませんが、紫外線はお肌の天敵です。

日焼け止めクリームは、晴れの日だけでなく、雨の日も曇りの日も、1年を通しての使用を。

外出時は日傘や帽子、サングラスで紫外線を避け、強い日差しからお肌を守りましょう。
 

■食べ物に気を付ける
お顔を赤く見せてしまう食べ物は数多いです。

例えば、唐辛子や豆板醤をたっぷり使った激辛料理、アルコール類などの摂取で血流が良くなり、ほてりが生じてお顔の毛細血管も広がりやすくなります。

赤ら顔対策に取り入れたほうがいい食べ物としては、ビタミン類が挙げられます。

とくにビタミンCは美容のビタミンともいわれており、お肌のコラーゲン生成を助ける働きに期待が持てるため積極的に取り入れていきましょう。