赤ら顔対策向け化粧水「白漢しろ彩 ラメラローション」の全成分を解析し、安全性や危険性、製品の特徴や肌への効果をリサーチしました。

スキンケア用品で、ほっぺたや鼻、アゴの赤み対策ができるアイテムはなかなか存在しないため、白漢しろ彩に注目している人も多いのではないでしょうか。

しろ彩の成分内容や肌への効果が気になるかたは当記事を参考にしてみてください。

白漢しろ彩 ラメラローションの全成分を解析!【安全?危険?】

成分名 効果 安全性
保湿、保水
BG 保湿、抗菌、殺菌
グリセリン 保湿、肌荒れ抑制
ベタイン 保湿
DPG 保湿、使用感の向上
1,2-ヘキサンジオール 保湿、抗菌
プランクトンエキス 赤み対策成分
アルギニン 保湿
クエン酸Na 酸化防止
シクロヘキサシロキサン 合成ポリマー、溶剤
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー) 増粘剤
ステアリン酸グリセリル(SE) 乳化安定
オクタカプリル酸ポリグリセリル-6 保湿
PEG-60水添ヒマシ油 界面活性剤
プラセンタエキス 保湿
グリコシルトレハロース 保湿、代謝促進、美白、肌荒れ抑制
テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル 保湿
ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン シリコーン油 使用感向上
ステアリルアルコール 保湿、皮膚の保護、使用の向上
PPG-6デシルテトラデセス-30 合成界面活性剤、乳化剤
加水分解水添デンプン 保湿、抗炎
リン酸アスコルビルMg 美白、肌の修復
ベヘン酸 乳化の安定
ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル) 保湿
クエン酸 酸化防止
メタリン酸Na 金属イオン封鎖剤
コンフリー葉エキス 保湿、収れん
キサンタンガム 保湿、ゲル形成
酢酸トコフェロール 肌の活性化、血行促進、肌荒れ抑制、抗酸化、抗炎
エチルヘキシルグリセリン 防腐、保湿、抗菌、消臭
トコフェロール 抗炎、ニキビ跡、紫外線ダメージ、肌荒れに効果
ポリ-ε-リシン 抗菌、保湿
シクロペンタシロキサン 使用感向上(シリコーンの一種)
ヒアルロン酸Na 保湿
ショウガ根茎エキス 血行促進、抗菌、抗酸化
センキュウエキス 血行促進、消炎、鎮静
セラミドNG 保湿
カンゾウ葉エキス 抗炎
セラミドNP 保湿、バリア機能回復
水溶性コラーゲン 保湿、保水
ブクリョウエキス 保湿、抗炎

「白漢しろ彩」の赤み対策成分はプランクトンエキス

しろ彩の化粧水と、ほかの一般的な化粧水の違いはやはり「顔の赤みに対する成分が含まれている点」です。

しろ彩は、赤みの鎮静成分としてプランクトンエキスが配合されています。プランクトンエキスは、広がった毛細血管を縮小させる働きを持つと言われています。

お顔やお鼻が赤く見えてしまう原因は、皮膚の下にある毛細血管が広がってしまった結果、それらが透けて見えて赤みが目立つことにあります。

毛細血管の広がりを抑えたい赤ら顔さんにとって、プランクトンエキスはぜひ取り入れたいおすすめの成分となっています。

美肌先生

赤ら顔対策成分はプランクトンエキスを採用♪

しろ彩の成分の安全性はどう?

しろ彩は、お肌が敏感気味になりやすい赤ら顔さん向けに作られているためもあってか、全体的に安全性が高めの成分で構成されています。

中には△印のついた成分もありますが、これらは成分同士を混ぜ合わせるために配合されているため、スキンケア用品にはどうしても入れざるを得ない成分となっています。

お化粧品に使う分には成分濃度も調整されており、肌に負担がないように開発されているため、日常使いの化粧水として使っていくぶんには問題ないとみていいでしょう。

しろ彩は、アルコール、パラベン、フェノキシエタノール、香料、着色料、鉱物油が無添加とされています。使用感向上のためか、シリコーンの表記が見受けられるため、シリコーンでの肌荒れが心配なかたはパッチテストを行ってからの使用を。

保湿成分として、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンが含まれていますが、しろ彩はあくまでも化粧水ですので、別途、保湿アイテム(クリームや乳液など)を用意する必要がありそうです。

美肌先生

しろ彩は安全性高め!敏感肌さんはパッチテストを行ってからの使用を。

しろ彩の成分まとめ

しろ彩の初回割引キャンペーンをチェック

成分から解析!しろ彩はこんな人におすすめ♪

しろ彩

しろ彩はこんな人におすすめ
・自宅で赤ら顔対策をしたいかた
・赤ら顔対策をスキンケア用品でセルフケアしたい人
・安全性の高い化粧水をお探しの人
・浸透力のある化粧水が好みの人
・とろみのある化粧水をお探しの人
・返金保証付きの化粧水をお探しの人

 
しろ彩成分から見るおすすめまとめ

しろ彩の初回割引キャンペーンをチェック

>>しろ彩(化粧水)はどこが安い?楽天、amazon、公式を比較!