赤ら顔向け下地|ピンク色ってどうなの?

赤ら顔向け下地|ピンク色ってどうなの?

化粧下地は、カタログや商品画像で見たときの色味と、実際に肌に乗せてみたときの色合いが微妙に変わります。

本商品を自分の肌に塗り、鏡越しで見たときに「似合わない」「むしろ顔色が悪く見える」「買わなきゃよかった」――などなど、化粧下地選びで失敗した経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

「化粧下地にピンクを選んだら、顔の赤みが強調されてしまった」との悲鳴は化粧下地あるある話。

当記事では「赤ら顔にピンクの化粧下地はアリかナシか?」について解説します。

赤ら顔をカバーするために「ピンクの下地」を使うのはナシ

赤ら顔をカバーするために「ピンクの下地」を使うのはナシ

結論、ピンクの化粧下地では、赤ら顔はカバーできません。

下地のピンクは血色感を出し、肌の暗さを隠すためのお色です。もともと頬に赤みがさしている赤ら顔さんの場合、化粧下地のピンク色は赤ら顔が目立ちやすい色になるのでなるべく避けましょう。

同様の理由で、ファンデーションも同じでピンク系を使うと赤みが強調してしまうので注意が必要。

ホワイトやピンク以外にもラベンダーもNG色、ラベンダーやピンクは血色感を強調させてしまう作用があるので赤ら顔には不向きでしょう。

赤ら顔向け化粧下地は「グリーン」「イエロー」、または「ブルー」

赤ら顔向け化粧下地

赤ら顔を自然な状態に導くのに最適な色はグリーンとブルー、またはイエローです。イエローの中でもベージュがかったタイプは赤ら顔に最適なカラーです。

化粧下地は、肌質や肌悩みによってタイプを変える

もう一つ注意しておきたいのが化粧下地と自分の肌質がマッチしているのか否か。

化粧下地にはそれぞれ敏感肌・オイリー肌・くすみ肌・乾燥肌・ニキビ肌などの用に最適なアイテムがあるので、それをチェックして購入しましょう。

まとめ

赤ら顔の人が化粧下地を選ぶときはグリーン系・ブルー系やイエロー系のアイテムを選択するのがおすすめです。

化粧下地で失敗してしまう理由は、自分のパーソナルカラーと選んだ下地の色がマッチしていない、合っていないことが原因。

パーソナルカラーは、自分が持って生まれたカラーを意味します。肌色や瞳の色、髪の毛の色など色々な要素が組み合わさって導き出される、先天的な色です。

イエベ・ブルベという言葉を聞いたことがある人も多いかと思われます。「イエベ・ブルベ」とは、イエローベースとブルーベースの略語。で肌色の傾向を示すパーソナルカラー診断の一種です。

イエベは黄色味よりの肌色を指して、ブルベは青みよりの肌を意味します。自分がどちらに当てはまるのかをあらかじめ知っておけば自分に合った化粧下地の色を把握できます。

イエベ赤ら顔、ブルベ赤ら顔さん向けの化粧下地選びについては以下の記事でも詳しく解説しています。あわせて参考にしてください。

イエベ赤ら顔、ブルベ赤ら顔におすすめの化粧下地おすすめ|色選び、カラー解説
パーソナルカラー診断・イエベの赤ら顔さん/ブルベの赤ら顔さんにおすすめの化粧下地、色選びのポイントを解説します。 イエベ肌質・ブルベ肌質も人それぞれで、様々な特徴がありますが、下地のお色選びの参考にご活用ください。 イエベの...

「スキンケアで、赤ら顔対策をしたい」という場合は、赤ら顔対策成分配合の化粧水もおすすめ。以下の「赤ら顔化粧水おすすめランキング」も参考にしてください。

赤ら顔化粧水おすすめランキング比較!プチプラ市販ドラッグストアも
赤ら顔対策向け化粧水おすすめランキング比較。お顔の赤み、鼻の赤み向けスキンケア用品を厳選。赤み対策用の美容液やクリームも紹介。口コミ評価が高い効果アリ化粧水から、プチプラで市販購入できる、ドラッグストアで買える化粧水も紹介。
タイトルとURLをコピーしました