イエベ赤ら顔、ブルベ赤ら顔におすすめの化粧下地おすすめ|色選び、カラー解説

イエベ赤ら顔、ブルベ赤ら顔におすすめの化粧下地おすすめ|色選び、カラー解説

パーソナルカラー診断・イエベの赤ら顔さん/ブルベの赤ら顔さんにおすすめの化粧下地、色選びのポイントを解説します。

イエベ肌質・ブルベ肌質も人それぞれで、様々な特徴がありますが、下地のお色選びの参考にご活用ください。

イエベの赤ら顔さんにおすすめの化粧下地

 

↑は、イエロー系下地で人気のある商品の一例。イエロー下地もいろいろ種類があるので、自分のお肌にピッタリな色をテストして見つけてくださいね。

イエベの赤ら顔の人は化粧下地の選び方に迷いがち。色の関係性を正しく把握していないと、赤み対策になる色を選ぶのは困難です。

一般的に赤系の肌・赤みのある肌をカバーするには、グリーンやブルーの下地を用いるのが良いとされています。しかしながら、黄色がかった肌に対しては緑系はあまり有効ではありません。

「赤ら顔を目立たなくするためにグリーンの下地やコントロールカラーを使ったけど、なんだかしっくりこなかった」という場合は、お肌と同系統色のイエロー下地を用いたほうが赤み隠し効果に期待できます。

イエベなのに、イエローの下地を使ってOKなの?

イエベなのに、イエローの下地を使ってOKなの?

イエベの肌に、同じ色(イエローの下地)を塗ってしまうと、赤みが隠れず、より一層、目立つようになるのでは、と気になる人もいるでしょう。

イエベにグリーンを用いると、赤いお肌と緑の下地が混濁した結果、ブラックの要素が強くなるケースも珍しくありません。そうなると顔色が悪く見えやすいという問題も発生します。この場合は、グリーンで肌のトーンをダウンさせるのは得策ではありません。

下地が黄色がベースの場合、本来の明度が高いので、それを活用する形で赤色を抑えられる可能性があります。

自然なテイストで仕上げたいなら、イエローを基調とするコントロールカラーを使用しましょう。イエロー系を使って肌ムラを整えることで自然に赤みもカバーできます。また、肌の色が綺麗に見えやすい点も魅力的なメリットとなります。

このように、赤ら顔さんが使用する化粧下地(コントロールカラー)は、色調を重視したアプローチが求められます。色の調和を考えて下地選びをすれば、軽い赤み程度なら簡単に隠せる場合が多いです。

ただし、グリーンほどの効果が出ないケースがあることも事実です。下地カラーがイエローの場合は、グリーンよりも繊細なバランスが必要なので、最初は少しずつ、下地を塗り足して調整するスタンスで挑みましょう。

下黄色の下地だけでは不十分と感じた場合、少しグリーン下地を足しても良いですし、ホワイト系の化粧下地を加えるのも一つの手です。

下地に使う色合いの明度をうまく調節すれば、イエベの肌特性をさらに引き出しやすくなります

ブルベ赤ら顔向け化粧下地|赤みカバー効果ありの色は?

 

↑は、グリーン系下地の人気商品の一例。医薬部外品、資生堂のdプログラムシリーズ!

ブルベ赤ら顔向け化粧下地で「赤みカバー効果ありのカラー」といえば、ずばりグリーン系に決まりです。

理由は、グリーンは赤の反対色で赤みを打ち消すから。緑の下地(あるいはコントロールカラー)は赤ら顔対策にまさに最適です。

その他、ブルーの化粧下地も透明感が増し、赤ら顔さんに似合う場合があります。

ブルベ赤ら顔さんにおすすめのグリーン下地選び

ブルベ赤ら顔さんにおすすめのグリーン下地選び

赤ら顔対策にブルベ向きグリーン系を選ぶとして、問題はどのグリーン色を選択するかですが、化粧下地のグリーンといってもメーカーによって色味が異なるため、一概に「このグリーンがおすすめ!」とは断言しにくいです。

また、乾燥肌や敏感肌が気になる人は保湿成分配合の化粧下地を、逆に皮脂やテカリが気になる場合は脂性肌向けの化粧下地を――と、使い分けが必要となります。

ちょっと面倒ではありますが、テスターなどで一通り試して、自分の肌や好みに合う色を選ぶのが正解。写真で見る色合いと実際に肌に乗せたときの色は異なりますから、必ず一度お顔に乗せて試し、合う合わないを確認したいところ。

とはいえ、ブルベ赤ら顔対策の化粧下地はグリーン系一択で迷う必要がないため、最適な色が分からなくてもとりあえず最初はグリーンを選べば大きな失敗はないはず。

ただし、血色に対して濃いグリーンを選ぶと、グリーンの方が勝って肌の色が緑っぽくなってしまう点には注意です。極端に強いグリーンを選択しない限りは、赤みが完全にカバーしきれない程度で、少し赤みが残るくらいに収まるでしょう。

【イエベ・ブルベ共通】赤ら顔さんが避けたい、NG化粧下地の色とは?

【イエベ・ブルベ共通】赤ら顔さんが避けたい、NG化粧下地の色

赤ら顔を化粧で目立たなくしたい場合において、ピンクやラベンダーなどの色は避けた方が良いでしょう。

ピンクやラベンダーは赤みを強調するタイプの色なので、化粧下地に使用すると赤ら顔が余計に気になります。

赤ら顔向け下地|ピンク色ってどうなの?
化粧下地は、カタログや商品画像で見たときの色味と、実際に肌に乗せてみたときの色合いが微妙に変わります。 本商品を自分の肌に塗り、鏡越しで見たときに「似合わない」「むしろ顔色が悪く見える」「買わなきゃよかった」――などなど、化粧...

赤ら顔対策下地選び|イエベ・ブルベまとめ

赤ら顔対策向けの下地カラーは、グリーン系やブルー系、場合によってはイエロー系がおすすめです。

イエベさん、ブルベさんに共通して大事なのは化粧下地の塗り方。はじめは少しずつ肌に乗せていき、薄く繰り返し肌に重ねながら、肌ムラ・塗りムラ出ないように丁寧に塗っていきましょう。

赤ら顔対策の化粧下地の使用が初めての人は、いきなり顔全体に化粧下地を塗るのではなく、部分的に赤みが気になるところにだけ使用してみてください。

少しずつ下地を塗れば失敗しにくいですし、本当に赤みカバー効果があるのかをじっくり確かめられます。

お顔の赤み対策・関連記事

赤ら顔化粧水おすすめランキング比較!プチプラ市販ドラッグストアも
赤ら顔対策向け化粧水おすすめランキング比較。お顔の赤み、鼻の赤み向けスキンケア用品を厳選。赤み対策用の美容液やクリームも紹介。口コミ評価が高い効果アリ化粧水から、プチプラで市販購入できる、ドラッグストアで買える化粧水も紹介。
「赤ら顔かわいい」という声まとめ&それでも気になる時の赤ら顔対策方法
ちょっとした温度差や、急な緊張でお顔が赤くなる「赤ら顔」を悩ましく思う人は多いです。具合が悪くないのに体調を心配されたり、酔っぱらっていないのにお酒を飲んでいると勘違いされたり……。 赤ら顔の当の本人にとってはお顔の赤みをコン...
「鼻の頭が赤い」ときのスピリチュアルメッセージ
「何の理由もないのに、鼻が赤くなった」という体験は、誰しもが1度2度は味わったことがあるのではないでしょうか。 鼻の赤みは「赤ら顔」や「酒さ」の延長であったり、ニキビや吹き出物の肌トラブルの前兆である場合もしばしば。 「...
顔のほてりをとる方法/そもそもなぜ温度差で顔がほてるのか?
「寒い場所から暖かい部屋へ入ったとたん、顔が真っ赤になる」 「暑い日、外に少し出ただけで顔がほてる」 「お風呂上りに、ほっぺが赤くなりすぎる」 など、顔のほてりでお悩みの方は多いです。この記事では顔のほてりをとる方法につい...
タイトルとURLをコピーしました