赤ら顔に似合うアイシャドウのカラーは?選び方、塗り方のコツ 

赤ら顔に似合うアイシャドウのカラー、選び方、塗り方のコツを紹介します。

赤ら顔がゆえの、アイメイクの悩み

赤ら顔であることを理由に、メイクが上手くいかないと落ち込んでしまう人は非常に多いです。

「顔の赤みが目立ってしまい、アイシャドウがマッチしてくれない」という問題も起こりがちですが、自分に合うアイシャドウの選び方や塗り方のコツを知っておくと、赤ら顔にコンプレックスを抱えている人でも魅力的な目元に仕上がりますよ。

ただ、「化粧で赤ら顔をカバーしようとしたら、こんどは顔全体のくすみが気になった」と悩む人も多いです。

くすみについては、元々の肌質も関係しますが、赤み+くすみを目立たなくするためには顔を明るく見せてくれるアイシャドウを選ぶことをおすすめします。

赤ら顔に似合う、アイシャドウの色

赤ら顔がゆえの、アイメイクの悩み

赤ら顔さんに似合うアイシャドウは、ホワイト系のベース色+お好みの色です。

アイシャドウをまぶたに乗せるときは、最初にパールホワイト系のお色を使います。ベースにホワイト系を使っておくことで、後から使用する色に関係なく明るい目元を演出しやすくなります。

メイクの最初に使うベースの色を意識しておけば、後から乗せる色は自分の顔の全体的な印象に合わせながら選べば良いです。

赤ら顔に似合う、アイシャドウの塗り方

赤ら顔に似合う、アイシャドウの色

最適な色を選べたとしても、アイシャドウの塗り方が悪ければ、顔を明るく見せることが難しくなります。

アイシャドウ:ベースは眉下までしっかり塗る

アイシャドウのベースカラーを塗るときには、眉下ギリギリまでしっかりと塗りましょう。垢ぬけた印象を出すためには眉下ギリギリまで塗らないメイクを推奨している情報誌も多いですが、赤ら顔の方の場合はあえてしっかり塗る手法により、目元の印象を変えられます。

アイシャドウを控えめにしてしまうと、目元が明るい印象になりにくく、お顔の赤みに目が向いてしまいます。アイメイクは、パッと明るく仕上げたいところです。

アイシャドウ:仕上げは下まぶた+ベージュorパール・ラメ

もしも、まだアクセント感が足りないと感じてしまうのであれば、下まぶたにもアイシャドウを取り入れてみてください。下まぶたに使用する場合は、肌の色に近いベージュのアイシャドウでパールやラメ入りのキラキラしたものを使用すると良いです。

パール・ラメ系のアイシャドウを取り入れると、目元が一気に華やかになってくれるため、赤ら顔の人が悩みがちなメイクをすると全体的にくすんだ印象になる問題が回避できます。

アイメイクは最初のうちは難しく感じますが、慣れてしまえば簡単なので練習して取り入れてみましょう。

赤ら顔に似合う色・赤ら顔向け化粧品関連記事

赤ら顔化粧水おすすめランキング比較!プチプラ市販ドラッグストアも
赤ら顔対策向け化粧水おすすめランキング比較。お顔の赤み、鼻の赤み向けスキンケア用品を厳選。赤み対策用の美容液やクリームも紹介。口コミ評価が高い効果アリ化粧水から、プチプラで市販購入できる、ドラッグストアで買える化粧水も紹介。
赤ら顔を目立たなくする髪色+NGカラーを解説
お顔の赤み、赤ら顔を目立たなくする髪色について。 生まれつきの赤ら顔や、顔のほてりでお肌が真っ赤になりやすいのが悩み――という人にとっては「いかに顔の赤さを目立たなくするか?」は重要な問題です。 赤ら顔をなるべく目立たせ...
イエベ赤ら顔、ブルベ赤ら顔におすすめの化粧下地おすすめ|色選び、カラー解説
パーソナルカラー診断・イエベの赤ら顔さん/ブルベの赤ら顔さんにおすすめの化粧下地、色選びのポイントを解説します。 イエベ肌質・ブルベ肌質も人それぞれで、様々な特徴がありますが、下地のお色選びの参考にご活用ください。 イエベの...
タイトルとURLをコピーしました