ちふれ化粧水(赤・しっとり)口コミ書くよ!美白効果や使用感

ちふれ美白化粧水W しっとりタイプの口コミ
ちふれの赤い化粧水「ちふれ美白化粧水W しっとりタイプ」を使ってみたので口コミ書きます。

  • やたら安いけど、肌トラブルなく使える?
  • 保湿力はどう?
  • つけ心地はどう?
  • 美白効果はあった?

などなど、「ちふれ美白化粧水 W しっとりタイプに関する口コミ評判を、つつみ隠さず知りたい!」というかたは、参考にしてみてください。

……とその前に。「てっとり早く、美白化粧水 W しっとりタイプの口コミ特徴だけ知りたい!」という場合に備え、ちふれ化粧水(赤・しっとり)で感じた特徴をザックリ3行でまとめます。

ちふれ化粧水(赤・しっとり)で感じた特徴・3行まとめ

  • 肌に置いた瞬間ピリつくが、しばらくすると落ち着く
  • 保湿力高め。良く言えば「潤う」。悪く言えば「ベタベタが残る」
  • 美白効果はよくわからないが、使用期間中に新しいシミはできていない

ちふれ化粧水(赤)を実際に使ってみた口コミを本音レビュー!

ちふれ美白化粧水W しっとりタイプの口コミ1
というわけで!

近所のドラッグストアで、ちふれの美白化粧水W しっとりタイプを入手してまいりました。

私が購入した時点で、1本1,265円(税込)でした。安すぎ!

ちふれ美白化粧水W しっとりタイプの口コミ2
ちふれの赤い美容液は2種類あり、今回購入した「しっとりタイプ」と「ノーマルタイプ」が存在します。

参考:ちふれ美白化粧水「赤しっとり」「赤」「青」の違い

ノーマルタイプ(赤)は昔、知人のものを使わせてもらった経験があるのですが、保湿感に物足りなさを感じたので今回は「赤のしっとりタイプ」にしてみました。

ちふれ美白化粧水W しっとりタイプの口コミ3
ちふれの美白化粧水W しっとりタイプを手に取ってみました……が!

水っぽすぎて、画像じゃ分かりにくいですね(汗)

とろみはぼぼ無し。見た目はただの液体です。

ちふれ美白化粧水W しっとりタイプの口コミ4
画像を拡大。

ツンとした柑橘系の香りで、すこし黄味がかかった色の化粧水です。

化粧水の黄色は着色料ではなく、ビタミンC成分由来の原料色だと思われます。

服や枕につくと、布が黄色くなるので注意が必要です。

ビタミンCを使ったコスメ独特の香りがします。悪いにおいではないです。

ちふれ美白化粧水W しっとりタイプの口コミ5
「しっとりタイプ」をうたっている通り、使用感はかな~り重ため。

少量でも保湿されるため、使っても使っても、中身はなかなか減らないです。

通常の化粧水は1本買って10日と持たないことも多いのですが、ちふれの「赤・しっとり」は、少し肌に乗せただけで、すぐにベタつきを感じ、化粧水が入らなくなりました。

ちふれ化粧水(赤・しっとり)を使ってみて感じた本音

ちふれの赤い化粧水について、「これからも継続して使い続けたいか?」と問われると、「うーん……」と首をかしげてしまいます。

よほどの理由がない限り、リピート買いはしない……と思います。

ちふれ化粧水(赤・しっとり)を実際に肌に乗せて使って、気になった点は……

  • 肌に乗せた瞬間、ピリつく(しばらくするとおさまる)
  • 横髪が頬にくっつく。とにかくベタベタするのがストレス
  • 化粧水だけで肌がベタベタになるので、その後の美容液が入らなくなる

この3点です。

とくに、ピリピリ感が致命的でした。

時間を置くとピリピリ感は不思議とおさまりますが、慣れないうちは違和感いっぱい。

美白効果うんぬんよりも、刺激が怖くて使い続けるのが難しかった、というのが正直な感想です。

ベタベタ感については、いい意味でとらえれば「保湿されている」ともいえますが、あまりにも長時間、ベタベタ感が続くので何ともなりませんでした。

個人的には化粧水のあとに、その日の肌調子に合わせた美容液を使いたいので、化粧水だけで皮膚が覆われてしまうのは避けたいところ。

毛穴美容液皮脂ケア美容液も、入る余地がないほど肌の上がベトベトになります。
(化粧水の量を減らしても、重たさが残ります)

今回は実験的に使ってみましたが、十中八九、リピ買いはしないです。

ただ客観的に見て、美白成分2種配合、なおかつ近所の薬局で安く手軽に買える、という点は高評価ポイント。

私には合いませんでしたが、肌質に合う人にはもちろんオススメです。

化粧水をどうしても切らしてしまったときの、つなぎに使うのはアリかと思いました。

「やばい!化粧水切らした!」という時に、近くのドラッグストアですぐに買えるのは強みです。

ちふれ化粧水(赤・しっとり)みんなの口コミまとめ|悪いor良い?考察

ここまではちふれ化粧水(赤)を実際に使った私の口コミを書いてまいりました。

が、中には「おぬし一人の口コミだけじゃ分からぬ!」という人もいらっしゃるでしょうので、以下、ちふれ化粧水(赤・しっとり)に関する口コミのうち、

・悪い口コミ
・良い口コミ
・賛否両論な口コミ

をまとめます。

「ちふれ化粧水(赤・しっとり)の口コミを色んな角度から見てみたい」というかたは参考にしてみてください。

※記事を見やすくするために、重複する内容の口コミは省略
※「美白化粧水 W」の口コミではなく、「美白化粧水 Wしっとりタイプ」のレビューです。

ちふれ化粧水(赤・しっとり)でよく見かける口コミ【悪いVS良い】

※口コミは個人の感想であり、効果効能を示すものではありません。
※SNSやインターネット上の口コミに加え、実際にちふれ美白化粧水 Wしっとりタイプを使った人の体験談を集めて、感想・評判をまとめています

ちふれ美白化粧水 Wしっとりタイプの悪い口コミ

かゆみが出たので使用中止した。
私の肌には合いませんでした。

ピリピリした刺激を感じました。
ビタミンC化粧品だから仕方ないですが、怖くて使えません。
残りは、ボディの保湿に使います。

ずっと使ってますが、シミはそのまま。
美白効果はよく分からないです。

「しっとりタイプ」のほうは、すごくベタつく。
通常の、ちふれ赤(美白化粧水W)よりも格段にベタベタ感が残りました。

ちふれ美白化粧水 Wしっとりタイプの良い口コミ

プチプラで、とにかく安い。
もったいぶらずに、パシャパシャ使えます。

毎日使っていたら、トーンアップした。
シミ対策とかよりも、顔全体がパッとする感じ。

保湿力が高いので乾燥対策に良い。
同じちふれの、青い化粧水よりも浸透力があると思う。

ちふれ化粧水(赤・しっとり)口コミ考察

ちふれ美白化粧水Wしっとりタイプの口コミをリサーチしたところ、賛否両論がクッキリ分かれる傾向が見てとれました。

万人受けはしておらず、合う人にはピッタリ合うけど、合わない人には全くもって合わない化粧水であるといえそうです。

ちふれ美白化粧水Wしっとりタイプの悪い口コミ・良い口コミを簡潔にまとめると……

ちふれ美白化粧水Wしっとりタイプの悪い口コミ特徴
  • かゆくなった
  • ピリピリした
  • ベタベタする
  • シミに変化なし
ちふれ美白化粧水Wしっとりタイプの良い口コミ特徴
  • とにかく安い
  • 保湿される
  • なんらかの美白効果を感じた

ちふれ化粧水(赤・しっとり)の安全性について

ちふれの化粧水(赤ボトル)は美白有効成分に「アルブチン3.00%」「L-アスコルビン酸2-グルコシド2.00%」が配合されています。

また、pH調整剤としてクエン酸なども使用されており、美白に対して「攻めた化粧水」となっているため、肌質によってはピリピリした刺激を感じやすく注意が必要です。

保湿成分や抗炎成分のグリチルリチン酸2Kも配合されてはいますが、少しでも違和感があった場合は使用を中止したほうがいいでしょう。

ちふれ化粧水(赤・しっとり)の美白効果について

ちふれの化粧水(赤ボトル)は医薬部外品のため、紫外線によるシミやソバカスへの効果効能がうたわれています。

毎日使うことで肌内部のメラニン生成を抑え、これから出てくるであろう「隠れシミ」に働きかけます。

ただ、実際の口コミでも「すでにあるシミには効果なかった」という声がある通り、一般家庭で使うスキンケア用品ですので、劇的にシミを抜くような働きはありません。

即効性あるシミ抜き効果はなし。「隠れシミ予備軍」への美白アプローチに期待。

アルブチンとは、サンタベリーや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている美白成分です。メラニン色素の合成に関わる酵素であるチロシナーゼに直接作用し、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の合成を阻害する働きがあるため、美白効果があるとして化粧品などに配合されています。
参照引用:アルブチン(arbutin)

ちふれ化粧水(赤・しっとり)の保湿力や使用感について

ちふれの化粧水(赤ボトル・しっとり)は、保湿力にも注目して成分構成が組まれています。

保湿成分は、グリセリン、BG、ヒアルロン酸、トレハロースなど。

見た目はお水のようなテクスチャーですが、公式サイトの成分配合量を確認すると、濃グリセリンが6.00%と、かなり重ための使用感です。

良く言えば「保湿される」悪く言えば「ベタついた重たさを感じやすい」という特徴があり、賛否両論が分かれていました。

グリセリン独特のベタベタ感が苦手な場合は「しっとりタイプ」ではなく「通常のちふれ美白化粧水 W」がおすすめ。

ちふれ化粧水(赤)に関する、よくある質問Q&A

ちふれ赤ライン

ちふれ化粧水(赤)の内容量は?1本でどれくらいもつ?

1本180mLで、1回の使用量は500円玉大です。

使用頻度にもよりますが、少量でも保湿されるため、ある意味コスパが良し。

残量がなかなか減らないです。

ちふれ化粧水(赤)に詰め替え用はある?

ちふれの美白化粧水 W しっとりタイプに、詰め替え用はあります。

ちふれ美白化粧水Wしっとり詰め替え

詰め替え用の方が100円ちょっと安いです。

ちふれ化粧水(赤)ちふれが安いのはなぜ?

ちふれは、基礎化粧品やメイク含め、驚きの安さが特徴です。

こんなに安いと、逆に不安になるくらいのロープライスですが、ちふれさんの見解では「安いわけではなく、これが本来の適正価格」とのこと。

パッケージを華美にせず、製造販売やコマーシャル宣伝にかける費用をカットすることで、消費者が手にしやすい価格を実現しているそうです。

ちふれ化粧水(赤)はどの年齢層向け?

ちふれの美白化粧水だけに限りませんが、ちふれは「年齢問わず」使える化粧品です。

ただ、当記事で話題にしている「ちふれ美白化粧水 W しっとりタイプ」については、ビタミンC誘導体配合で、なおかつ重ためのテクスチャーという特徴があるので、どちらかというと「美白+乾燥対策」を徹底したい大人の女性向けのユーザーに支持されています。

無香料・無着色のスキンケアをはじめ、本当に必要なものだけを配合し、
誰もが手にしやすい価格、使用方法、年齢を問わず使いやすい容器デザインを目指しています。
必要な時に、必要な化粧品をすぐお届けできるよう、くらしに身近なチャネルを中心に
スキンケア・メイク・ボディケア・ヘアケアなど幅広く品揃えしています。
参照引用:ちふれ公式より

ちふれ化粧水はどこで買える?市販販売店は?

ちふれシリーズは、全国の薬局、ドラッグストア、スーパー、百貨店、直営店で購入可能です。

わりと、どのドラッグストアにも置いてあります。

ちふれ化粧水(赤)でシミは消える?

すでに出来てしまったシミを消すのは難しいと考えたほうがいいでしょう。

紫外線により活性化したメラニンの排出を促す手助けをしてくえる働きがメインです。

隠れシミ、これから出現する可能性のシミ・ソバカスに対してアプローチします。

ちふれの美白化粧水の赤ボトルと青ボトルの違いは?

ちふれの化粧水のうち、美白シリーズには「赤」と「青」の2種類があります。

また、同じ「赤」でも、「赤(ふつう)」と「赤(しっとり)」に分かれます。

違いがややこしいので、以下に表でまとめます。

■ちふれ美白化粧水の比較表「赤」「青」

美白化粧水 W しっとりタイプ

美白化粧水 W

美白化粧水 VC

商品画像 ちふれ美白化粧水 W しっとりタイプ ちふれ美白化粧水 W 美白化粧水 VC
通称 ちふれ赤・しっとり ちふれ赤 ちふれ青
美白有効成分 アルブチン 3.00%
L-アスコルビン酸2-グルコシド2.00%
アルブチン 3.00%
L-アスコルビン酸2-グルコシド2.00%
L-アスコルビン酸2-グルコシド2.00%
抗炎成分
(肌あれ対策)
グリチルリチン酸2K 0.01% グリチルリチン酸2K 0.01% グリチルリチン酸2K 0.10%
※有効成分
保湿成分 濃グリセリン6.00%
BG4.02%
トレハロース液 0.03%
ヒアルロン酸ナトリウム(2)0.01%

濃グリセリン3.00%
BG3.02%
トレハロース液 0.03%
ヒアルロン酸ナトリウム(2)0.01%

濃グリセリン 1.00%
DPG 3.00%
トレハロース液 0.03%
ジグリセリン 1.50%
ヒアルロン酸ナトリウム(2)0.01%
口コミの多さ ★★★
(口コミ少なめ)
★★★★★
(口コミ多め)
★★★★★
(口コミ多め)
口コミ満足度 ★★★★
(満足度やや高め)
★★★★
(満足度やや高め)
★★★★
(満足度やや高め)
口コミ内容
※良い
  • 安い
  • 保湿される
  • 何らかの美白効果を感じた
  • 安い
  • 「青」よりも浸透した
  • 何らかの美白効果を感じた
  • すごく安い
  • ニキビが減った
  • 馴染みがいい
口コミ内容
※悪い
  • かゆみが出た
  • べたべたで重い
  • かゆみが出た
  • ペタペタする
  • ペタペタする

ちふれ「赤・しっとり」の特徴

ちふれ美白化粧水W しっとりタイプ(通称:ちふれ赤しっとりの美白成分はノーマルタイプの「ちふれ赤」と全く同じ。

「ちふれ赤」と比べ、保湿対策に濃グリセリンを高濃度で配合してあるため、重ための使用感が好みな人向きです。

保湿力は高めですが、乾燥が気になるときは肌のバリア機能も弱まっている可能性が高いため、美白有効成分による肌がピリつきには注意が必要。

実際に使った人の口コミ満足度は高めですが、クセのある使い心地であることから、ノーマルタイプの「ちふれ赤」よりも口コミ件数そのものが少ない(使用者が少ない)傾向です。

ちふれ「赤」の特徴

ちふれ美白化粧水W (通称:ちふれ赤)の美白有効成分は「赤・しっとり」と全く同じ。保湿成分は「赤・しっとり」よりも抑えめですので、普通肌~脂性肌さん向きです。

口コミの投稿件数も多く、愛用者も多いです。

ちふれ「青」の特徴

ちふれ美白化粧水 VC(通称:ちふれ青)の美白成分は1種のみ。代わりに肌荒れ防止の「グリチルリチン酸2K」が多めに配合されています。

ちふれの美白化粧品の中ではダントツの安さ、かつ、この3種の中では抗炎効果に期待が持てるため、美白化粧品での肌荒れが不安なかたや、吹き出ものが出やすい肌質の人におすすめです。

ちふれ化粧水(赤・しっとり)の特徴を簡潔に3行でまとめると……?

ちふれ化粧水(赤)のまとめ3行
ちふれ化粧水(赤)の特徴を簡潔に3行でまとめると、以下になります。

  • 安いので遠慮なく使える
  • ただし、保湿力が高めなので、使いすぎるとベタつく
  • 肌質によっては刺激を感じる。安全性【★★★☆☆】

ちふれ化粧水(赤)基本情報

商品名 ちふれ美白化粧水 W しっとりタイプ
ジャンル 美白化粧水
美白成分 美白成分アルブチン
L-アスコルビン酸 2-グルコシド(安定型ビタミンC誘導体)
分類 医薬部外品
無添加成分 香料、着色料、アルコールが無添加
容器 半透明プラ容器
詰め替え用パウチ有
香り レモン系の香り
テクスチャ お水のよう

 

ちふれ化粧水の販売会社

販売会社 株式会社ちふれ化粧品
本社所在地 〒350-0833
埼玉県川越市芳野台2-8-59
TEL 0120-147420
(0120-イイシナチフレ)
販売店 百貨店
スーパーマーケット
ドラッグストア
直営店
公式オンラインショップ
全国地域婦人団体連絡協議会(全地婦連)等

 

タイトルとURLをコピーしました