朝シャンのデメリット

虫眼鏡の女性

この記事でわかることは「朝のシャンプーや湯シャンの良しあしについて」です。

朝のシャンプーは髪にいい?悪い?

20年ほど前でしょうか。「朝シャン」という言葉が流行りはじめたのは。

当時は「朝にシャンプーをすると、清潔だしおシャレ!」という感覚で、て朝晩2回シャンプーしているかたも大勢いらっしゃいました。

確かに朝に髪を洗うと、目が覚めやすいし、寝グセでボサボサになってしまった髪のセットも楽チン。一日を通して、髪からふわっと良い香りがするのも嬉しいメリットですよね。

しかし昨今では「朝にシャンプーをすると髪が痛むし頭皮に悪いので、回数を減らしたほうがいい」「朝シャンするとハゲる」との説も浮上してきました。

昔は良しとされてきたものが、色々な研究を考慮した結果、今はNGとなることは良くあるお話ですが……

結局のところ、

「朝シャンプーするのは、いいのか、悪いのかどっちなんだあああ!」

と悩んでしまいますよね。

結論を先にお伝えすると、夜勤仕事の場合や、ご本人の生活環境にもよりますが、特別な理由がないなら「可能な限り、シャンプーは夜に行うほうがベター」でしょう。

以下、朝シャンのデメリット3点を解説します。

朝シャンをやめたほうがいい理由①

美肌先生

理由①「朝は慌しいので丁寧に髪を洗えない。乾かせない」

朝は外出の準備、家事などで1分1秒を争うという方もいらっしゃると思います。

中には「1分でも長く寝ていたい……」「朝食を食べている時間すら惜しい……」という方も多いのではないでしょうか。

そんな、何かと時間のない早朝に髪を洗おうとしても、焦ってしまってなかなか髪を丁寧に洗えないのが現状です。

すすぎ残しがあったり、急ぐあまりに頭皮をガシガシと強くこすりすぎてしまったり……。

その他、シャンプーしたはいいけどドライヤーする時間がじゅうぶんに取れず、髪が生乾きのまま家を出る、なんてケースも。

雑なシャンプーは頭皮を痛める原因に直結し、将来的な抜け毛や薄毛の原因にもなりえます。

特に、すすぎが不十分でシャンプー剤が頭皮に残ったままになると、フケや悪臭、雑菌の繁殖や地肌の荒れにもつながり大変危険です。

市販のシャンプー剤の多くには、石油合成系の界面活性剤が含まれており、成分が頭皮に残ってしまうと皮膚に浸透して毛根にダメージを与える可能性も無視できません。



朝シャンをやめたほうがいい理由②

美肌先生

理由②「紫外線から髪を守る庇護膜が薄くなってしまう」


シャンプーをした後の頭皮は、紫外線に対する「保護皮膜のようなもの」を分泌します。

この「庇護膜(ひごまく)」が髪の毛を守る要素となってくれるのですが、実は髪の庇護膜が出るのは、シャンプーしてから6時間以上経ってからと言われているのです。

ということは……
朝シャンプーしてからすぐに出かけると、髪にはまだ庇護膜が形成されておらず、紫外線の影響を直で受けてしまう結果に。

目に見えないので普段はまったく存在すら感じない「庇護膜」ですが、私たちの髪を守るためには大切な機能です。

髪は紫外線のダメージを受けやすい部位です。

髪のバリア機能を担う庇護膜の働きをフルに実感するには、やはり朝のシャンプーは避けたほうが賢明です。


朝シャンをやめたほうがいい理由③

美肌先生

理由③「頭皮の毛穴への刺激が強すぎる」


朝起きたとき、寝起きのときは、頭皮の毛穴は開いた状態となっています。

では、頭皮の毛穴が開いた状態でシャンプーをすると……?

そう、

朝は毛穴が開いているため、シャンプーが毛穴につまりやすくなり、すすぎ洗いが不十分だとシャンプー剤が頭皮に残った状態になってしまいます。

毛穴への過剰な刺激は、抜け毛や薄毛を促進する原因に。

もし、夜もシャンプーして朝もシャンプーする「1日2度シャンプー」を行う場合は、さらに「地肌の皮脂の落としすぎ」の心配も出てきます。

皮脂を落とし過ぎると、頭皮が乾燥してしまいます。頭皮の細胞は賢いので、その乾燥を防ぐために、更なる皮脂の分泌をします。すると結果的には「洗っても洗っても地肌がベタベタしっぱなし……」といった悩みにもつながります。

よって、シャンプー剤を用いた洗髪は、1日1回に留めるのがベターです。


朝晩2回、頭を洗いたい場合には「湯シャン」を検討!

湯シャンの方法など
ここまでで朝シャンのデメリットを3点解説しました。

しかし!

どうしても朝晩に2回、頭が洗いたくなるときもありますよね。

たとえば、早朝にランニングをして汗をびっしょりかいたときとか、夏、暑くて暑くて、起きたら汗だくだったときなど。

しかし、1日に2度もシャンプー剤を使って洗髪を行うと、地肌の「皮脂のとりすぎ」が心配です。

皮脂のとりすぎは、ヘアサイクルを乱して薄毛・抜け毛を悪化させる原因になります。

とはいっても、

ねそべりコアラ

抜け毛とかは怖いけど……
でもどうしても朝晩2回、頭を洗いたいよ~( ノД`)

なんて声も聞こえてきそうですね。

そんなときは、朝のシャンプーをお湯のみでの洗い流しに切り替える――つまり「湯シャン」に置き換えるのがおすすめです。

湯シャンは、芸能人のタモリさんや福山雅治さんも実践しているとの話で、すっかり有名になってきました。

湯シャンの方法は、実に簡単。シャンプー剤はつけずに、お湯だけで頭を流すのです!

お湯の温度が高いほど皮脂は綺麗に落ちますが、ヤケドしない程度の水温が推奨されます。

湯シャンして最初のうちは、

「えっ! シャンプー剤を使わないなんてありえない!」
「ニオイとか気になるんだけど……」

と不安に思うかもしれませんが、これが意外と大丈夫。

実際、頭皮の汚れはお湯だけで70パーセントから80パーセントくらいは落ちます。

シャンプー剤そのものの良い香りは髪に残らないですが、かといって悪臭がする、という口コミもほとんど見かけません。

湯シャンの場合はシャンプーを泡立てる時間も不要ですし、シャンプー剤を使わないぶん、バスルームのお掃除もラクチンになり一石二鳥。シャンプー剤のすすぎ残しの心配もなく、時短にもなります。

毛先のぱさつきが気になる場合は、アウトバスタイプのトリートメントでヘアケアするのもおすすめです。


この記事のまとめ

POINT!

・朝は時間がゆっくり取れないケースが多く、慌てたシャンプーになりがち。
・頭皮、地肌を紫外線から守る「庇護膜」は、シャンプーすると取れてしまうため、可能であれば夜のシャンプーが望ましい
・朝晩2回とも、シャンプー剤を使った洗髪をするのは避けたい
・もしどうしても朝と晩の2回、髪を洗いたい場合は、お湯だけで洗う「湯シャン」がおすすめ。