ウルウ(ULU)
赤ら顔対策向けのオールインワン化粧品「ULU(ウルウ シェイクモイストミルク)」の全成分を解析し、安全性や危険性、製品の特徴や肌への効果をリサーチしました。

スキンケア用品で、肌の赤み対策ができるアイテムが現時点ではなかなか存在しないため、ULU(ウルウ)の効果に注目している人も多いのではないでしょうか。

ULU(ウルウ)の成分内容や効果が気になるかたは当記事を参考にしてみてください。

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクの全成分を解析!【安全?危険?】

成分名 効果 安全性
保湿、保水(特殊浸透水)
スクワラン 保湿、バリア機能向上
トレハロース 保湿
セラミド2 保湿
セラミド6Ⅱ 保湿、代謝促進
セラミド3 保湿、バリア機能
セラミド5 バリア機能
セラミド1 保湿、バリア機能
ヒアルロン酸Na 保湿
タンブリッサトリコフィラ葉エキス ■赤み対策成分
ホホバ種子油 肌荒れ抑制、ニキビ対策、保湿
ノバラ油 保湿
ダイズステロール 乳化、保湿、美肌
水添レシチン 保湿

「ULU(ウルウ)」の赤み対策成分はアンボラエキス

ULUには、肌の赤みを鎮静する成分としてアンボラエキスが配合されています。成分名でいうと、タンブリッサトリコフィラ葉エキスがアンボラエキスに当たります。

アンボラというのは植物のこと。マダガスカル島の植物、アンボラには肌の赤みを抑える作用があると言われており、昔から切り傷や肌の赤みを抑えるために使われてきました。

人間の鼻や頬が赤く見えてしまう現象――いわゆる赤ら顔は、皮膚の下に流れる毛細血管の広がりが原因となることがほとんどです。活性化した毛細血管が、肌から透けてみえてしまうため顔が赤く見えてしまいます。

そんな、広がってしまった毛細血管にアプローチし、肌の赤み対策をしてくれるのがアンボラエキスとなっています。

アンボラエキスを採用したスキンケア用品はめったに見かけない……といいますか、赤ら顔対策向けに開発されたスキンケア用品自体がレアですので、肌の赤みに悩む人は試してみるのもアリアリではないでしょうか。
 

美肌先生

アンボラエキスが、赤ら顔対策成分です。

ULU(ウルウ)の成分の安全性はどう?

ULU(ウルウ)はかなり、肌への安全性にこだわって作られている印象を受けます。

他のスキンケア用品の成分と見比べてみると一目瞭然ですが、肌が敏感気味に片寄りやすい赤ら顔さん向けに作られているためもあってか、肌刺激となる成分を大幅にカットし、セラミドやスクワランなどの保湿成分を軸に作られています。

また、成分自体の総数も極端に少ないです。一般的なオールインワンの化粧品の場合、成分の総数が30個を超えるものもある中で、ULUの成分総数は14個。

一般論ではありますが、肌が敏感になっているときは成分の総数が少ないもののほうが肌に優しいと言われており、肌へのやさしさにこだわって作られていることが分かります。
 

美肌先生

ULUは安全性高し!敏感肌さんも使用OK

防腐剤不使用なので、なるべく早めに使い切るのが良さそう

ULU(ウルウ)は、肌に負担がかかる成分(防腐剤・界面活性剤・シリコン・ポリマー・鉱物油・香料・着色料・石油成分など)をごっそり排除して、肌へのやさしさを高めてあります。

それゆえ、中身が劣化しやすく長期の保存には向きません。公式サイトでは「常温・未開封の状態で製造から1年間、開封後は2か月」での使用が目安との記載がありましたが、できるだけ早めに使い切るのが良さそうです。
 

美肌先生

ULUは防腐剤無添加なので、早めに使い切るのが吉


ULU(ウルウ)口コミまとめ

ウルウ(ULU)を公式サイトでチェック

成分から解析!ULU(ウルウ)はこんな人におすすめ♪

ULU

ULU(ウルウ)はこんな人におすすめ
・安全性重視のスキンケア用品が使いたい人
・自宅で赤ら顔対策をしたいかた
・スキンケア用品で赤ら顔のセルフケアしたい人
・オールインワン化粧品で赤ら顔対策をしていきたい人
・保湿成分が多いスキンケア用品をお求めの人

 
ULU(ウルウ)口コミまとめ

ウルウ(ULU)を公式サイトでチェック