頭皮にできるかさぶたについて
「気づいたら頭皮に白いかさぶたができている」
「頭皮の白いかさぶたを剥がしたら、またかさぶたが出来てしまった」

というお悩みはありませんか?

頭皮に出来る白いかさぶたは、主に頭皮の状態が悪化しているときに出やすい傾向があります。

いわゆる「脂漏性皮膚炎」という症状です。名前を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

頭皮に白いかさぶたができてしまう原因には、以下のようなものが挙げられます。

頭皮に白いかさぶたが出来る原因!

・シャンプーやコンディショナーの刺激による頭皮トラブル
・シャンプーのすすぎ残しによる頭皮の荒れ
・頭皮の乾燥からくる頭皮トラブル
・汗や皮脂の汚れが落ち切っておらず、頭皮が不衛生である
・紫外線による炎症ダメージ
・生活の乱れでターンオーバーのサイクルが狂ってしまっている
・病的な原因(雑菌の繁殖)

頭皮状態の悪化を放置しておくと、頭皮がかさついてフケが大量に発生したり、かゆみが出てきたり、さらには抜け毛が増えて薄毛になってしまったりするので、できるだけ早めの対策が必要となります。

頭皮の状態を健全に保つ方法は以下の通りです。

さらば、頭皮の白いかさぶた!頭皮をすこやかに保つ方法!

まず第一に、かさぶたを無理にはがさないようにする

頭皮にできてしまった白いかさぶたは、ついつい剥がしたくなります……が、かさぶたを剥がしてしまうとご存知の通り、また新たにかさぶたが発生します。

かさぶたは出来るだけ剥がさないようにしましょう。
 

低刺激で頭皮に優しいシャンプーを使う

シャンプー剤の刺激が強すぎると、頭皮にダイレクトにダメージを与えてしまいます。

石油系のシャンプーなどはお値段は安いのですが洗浄力が高すぎて、使い続けると頭皮にとって必要はうるおいまで奪ってしまう可能性があります。

低刺激なシャンプーで頭皮をいたわりつつ、指の腹で優しくシャンプーしていきましょう。シャンプー剤のすすぎ残しも禁物です。

 

食生活を改善。バランスの取れた栄養素を摂取し体を元気にする

食生活が乱れると、頭皮や髪の毛根細胞に栄養が行き届かなくなります。バランスのよい食生活を心がけて、代謝をアップさせていきましょう。

 

適度に運動をして血のめぐりを改善する

からだの血の巡りと頭皮の代謝は親密な関係があります。食事で摂取した栄養を全身に運ぶのは血液の役目。血流が悪化すると、代謝に使われるための栄養が行き届かなくなり、皮膚のターンオーバーが乱れてしまいます。適度にからだを動かすことによって血流を良く保ちましょう。

日傘などを上手く使い、頭皮への紫外線を避ける

頭皮は紫外線の影響を受けやすい部位です。紫外線によって頭皮が熱されると、皮脂が酸化し頭皮トラブルの原因にもなります。日傘などを上手に使って、紫外線を避けましょう。

育毛剤で頭皮に栄養を与えつつ、保湿していく

育毛剤は頭皮が喜ぶ栄養の宝庫です。とくに女性用の育毛剤は、頭皮の美容液としても使える成分が豊富。育毛剤を使うことによって頭皮の保湿をしつつ、髪の成長に良い成分を取り入れることができます。

 

以上、頭皮にできる白いかさぶたの原因と対策の解説でした。
頭皮の白いかさぶたは、頭皮トラブルの証でもあります。発見次第、早急に対処しておくことによって将来的な髪のトラブルを防ぐことができます。

また、フケやかゆみが酷すぎる場合はお医者さんに相談を。皮膚科に行けば、頭皮のお薬などを処方してもらえます。

「美髪」の元は頭皮から。

頭皮の状態を良好にし、美しい髪の維持を目指しましょう。