マスク時のメイク術マスクをすると病人のように見られてしまう、元気なつもりなのに「疲れてる? 具合悪いの?」と聞かれる……とお悩みになったことがある女性も多いのではないでしょうか。

マスク着用中は顔の大部分が覆われますし、陰ができやすいこともあって意識して明るいメイクをしないと具合が悪そうな印象を与えがちです。

本記事では、具合悪いと思われやすい!? マスクメイクでも健康うるツヤ肌に見せるメイク術について紹介します。




マスクメイクでもパール感のある下地やチークは必須

チーク
マスクを着けると顔の大半が隠れるため、化粧下地やチークは必要ないと思われるかもしれません。

しかし化粧下地にパール配合のアイテムを使えば、目元や頬周り、顔サイドなど露出する部分にみずみずしいツヤが生まれます。そしてチークと組み合わせることで、血色が良く柔らかい印象に見せることができるのです。

チークを使ってもマスクで完全に隠れては意味がないので、頬骨の最も高い位置よりも少し上に色を置きマスクの縁から血色が覗くように塗りましょう。

目元のクマ・くすみはコンシーラーで徹底オフ

女性のきれいな目元
目元に元々クマやくすみなどがあると、そこにマスクが重なることで陰が増し不健康見えしやすいです。なのでベースメイクの段階でコンシーラーを使い、目元のクマ・くすみは消しておきましょう。

肌色よりもやや明るめかつ赤っぽい色味のアイテムを使えば、目元の皮膚の色がワントーンアップしますから明るく健康的な顔色に見えますよ。

それに加えてベージュカラーのラメアイシャドウを涙袋に塗ることで更にみずみずしく元気のある目元を作れるので、マスクメイクでも華やかさが欲しい方にはこの方法もオススメです。

アイシャドウは血色カラーがベスト

アイシャドウは血色カラー
マスク着用中はダークブラウンやブラックなど暗い色味を使うと、マスクとのコントラストが強調されてしまいます。くっきり発色する暗めのアイシャドウではキツい印象になりやすいので、オススメなのは肌馴染みの良い血色カラーです。

可愛い系のピンクやライトオレンジ、洗練されたテラコッタ、色っぽく仕上がるレッドなどはマスクメイクとの相性が良いので、お好みの色を選んでください。

まとめ

以上、具合悪いと思われやすい!? マスクメイクでも健康うるツヤ肌に見せるメイク術の内容でお送りしました。

マスクで顔の大部分は隠れても、露出した箇所からどんな肌質をしているかは意外に人からチェックされています。ツヤの出る化粧下地やチークでみずみずしい肌作りをし、更に目元にも血色とラメを加えればマスクをしていてもやつれ顔には見えなくなります。

普段クールなメイクがお好きでも、マスク着用中は柔らかく健康的な印象になる血色コスメを有効活用するとまた違った魅力が演出できますよ。