バイオオイルとバイオイルの違いや効果まとめ!口コミや成分比較も

バイオイル

「傷あとがケアできるオイル」とウワサのバイオイル。

顔の保湿はもちろん、体や髪にも使える美容オイルと評判です。

肌の保湿だけでなく、軽めのやけど跡や、妊娠線、虫刺されのあとのケアにも使えます。

中には、お風呂に入れてバスオイルとして使っている人もいるとの口コミレビューも。

使い方は千差万別ではあります……が!!実際のところ、

「ホントに効果あるの?」
「なに、その魔法のオイル……嘘くさい……」
「安全に使えるの?」

と不安に感じますよね。そこで、この記事では

  • バイオイルの効果
  • バイオイルの類似品「バイオオイル」と「バイオイル」の違い(見分け方)
  • バイオイルの使い方

など、バイオイルに関する情報をまとめました。

バイオイルとバイオオイルの違い、見分け方

バイオオイルを間違えて買った

※上記画像は筆者が間違えて購入してしまった、バイオオイル……

「傷あとケア用に、バイオイルを買おう!」と思い立ち、ネットで通販したところ……間違って「バイオオイル」を購入してしまいました(泣)

バイオイルとバイオオイル――

言葉の響きは似ていますが、成分内容が違うので、基本的には「別物」だと考えたほうが良いです。

バイオイルとバイオオイルを買い間違えたことをキッカケに、両者の違いについてしっかりと調べてみました。

バイオイルとバイオオイルの違いとは?

バイオイルバイオオイルも、もともとのルーツは同じです。

バイオイルもバイオオイルも、どちらも同じ会社が製造していました。
※ユニオンスイス株式会社(南アフリカ)

現在、日本で流通しているバイオイル(Bioil)は小林製薬株式会社さんが、ユニオンスイス社と独占販売契約を締結し、日本全国の薬局やドラッグストアで流通展開しています。

海外でヒットしたバイオオイル(Bio-oil)を日本で販売する際に、日本の成分基準に合わせて開発されたのがバイオイル(Bioil)となります。

よって、バイオオイルとバイオイルは、見た目は似ていますが配合成分が異なります。

日本で流通しているバイオイル(Bioil)の成分は以下。

ミネラルオイル、トリイソノナノイン、エチルヘキサン酸セテアリル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸レチノール、酢酸トコフェロール、ラベンダー油、ローズマリー葉油、ローマカミツレ花油、ビサボロール、トウキンセンカ花エキス、ダイズ油、ヒマワリ種子油、BHT、香料、赤225

海外で流通しているバイオオイル(Bio-oil)の成分は以下。

ミネラルオイル、トリイソノナノイン、エチルヘキサン酸セテアリル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸レチノール、酢酸トコフェロール、ローマカミツレ花油、ラベンダー油、ローズマリー油、トウキンセンカ花エキス、ヒマワリ種子油、ダイズ油、BHT、ビサボロール、香料、アルミケイヒアルデヒド、サリチル酸ベンジル、シトロネロール、クマリン、オイゲノール、ゲラニオール、サリチル酸ベンジル、ヒドロキシイソヘキシルー、3-シクロヘキセンカルボキシアルデヒド、リモネン、リナロール、a-イソメチルイオノン、紫201、赤225

軸となる成分(ミネラルオイル、ミネラルオイル、トリイソノナノイン、エチルヘキサン酸セテアリル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸レチノール、酢酸トコフェロール等)はどちらも同じ。

異なるのは、アルミケイヒアルデヒドや紫201などなど、いくつかの成分は日本の肌向けに置き換わっている点です。

メインの成分が同じなので使用感は似ています。

しかし、実際にバイオイルとバイオオイルを使い比べた人の口コミを見ていると、

  • 「バイオオイル(海外)のほうが香りがきつい」
  • 「バイオイル(日本)のほうが、肌馴染みがいい」

との声も聞こえてくるので、スタンダードな使用感が好みの場合はバイオイルを選んだほうがよいでしょう。

バイオイルとバイオオイルの違い、まとめ

  • 日本の市場用に製造されたのが、バイオイル
  • 海外の市場で流通しているのが、バイオオイル
  • 日本用と海外用では、配合成分が異なる
  • 海外用バイオオイルは、香りがきつめ
  • 日本人の肌には、日本用のバイオイルがおすすめ
  • 日本用のバイオイルは、箱の説明書も日本語

バイオイルとバイオオイルの見分け方

バイオイルとバイオオイルの、もっとも簡単な見分け方は、

「パッケージ表記が英語か日本語か?」をチェックする!

これにつきます。

海外がルーツのバイオオイルは、パッケージすべてが英語表記となっています。
※以下の画像参照
バイオオイルの裏面

いっぽう、日本で流通しているバイオイルは、カタカナで「バイオイル」と記載されており、商品説明も日本語です。

バイオイルの説明書き

バイオイルの口コミ・評判まとめ【みんなの口コミ|実際の効果は?】

小林製薬のバイオイル口コミ
「傷跡が消える!」
「万能なオイルで優秀」

と評価の高いバイオイルですが、果たして効果は本当でしょうか?

実際に、バイオイルを使った人の口コミレビューをリサーチしてみました。


※口コミは個人の感想であり、効果効能を示すものではありません。
※SNSやインターネット上の口コミに加え、実際にバイオイルを使った人の体験談を集めて、感想・評判をまとめています

■においが苦手
バイオイル評価
★★☆☆☆
においが苦手。
安い化粧品のにおいがします。

■傷跡がマシにはなった
バイオイル評価
★★☆☆☆
傷跡が消えると聞いて、1~2ヶ月毎日使っていました。

傷跡が薄くはなったけど、消えるまではいかなかったです。

■ヘパリン類似物質よりは保湿力が劣る
バイオイル評価
★★☆☆☆
オイルなので保湿力は高いです。

マスク荒れ対策になります。

ただ、ヘパリン類似物質を使ったクリームの保湿力のほうが上なので、リピートするかは迷います。

■偽物がまぎらわしい
バイオイル評価
★★☆☆☆
日本向けのバイオイルが使いたいのに、海外製のバイオオイルなるものが混ざって売りにでているのがまぎらわしい。

購入時に注意する必要がある。

■ベタつかないオイルで使いやすい
バイオイル評価
★★★★★
オイルだけど、軽めの使い心地でベタつきません。

オリーブオイルやアボカドオイルはベタベタのテカテカになるので嫌ですが、バイオイルはさらっとしています。

■肌のつっぱり感が落ち着きます
バイオイル評価
★★★★★
乾燥対策にリピートしまくってます。

最初は、傷跡に塗って保湿ケアしていましたが、最近は顔の乾燥対策にも使ってます。

肌がやわらかくなる感じが好きです。

■妊娠線対策に愛用中
バイオイル評価
★★★★★
効果があるかどうか分かりませんが、妊娠線対策に使っています。

伸びがいいので、全身に使えてコスパがいいです。

■ニキビができにくくなった
バイオイル評価
★★★★★
バイオイルのおかげかどうか分からないけど、使っているとニキビが出にくい感じがする。

塗った直後は顔がテカるが、少し置くと落ち着く。

 

【口コミ検証】バイオイルのレビューから見る、実際の肌への効果は?

バイオイルの口コミをリサーチしていったところ、全体的に高評価な声が多い印象を受けました。

バイオイルに関する悪い口コミは、全体の2割くらいで、8割の人が「使ってよかった」「効果を感じた」「リピートしたい」と思っている様子です。

バイオイルを実際に使ってみた人の中で「効果はイマイチだった」という感想を持つ人は、以下の要素について言及している印象がありました。

バイオイルの悪い口コミ特徴

バイオイルの悪い口コミ特徴
  • においが苦手だった
  • 傷跡を劇的に消せるわけではなかった
  • オイルならではの、ベタつきやテカりが気になった

バイオイルの悪い口コミ「においが苦手」について

バイオイルはラベンダー油、ローズマリー葉油、ローマカミツレ花油などの植物由来の油が使われており、なおかつ香料も配合されているため、独特の香りがつけられています。

海外製のバイオオイルと比べると香りは控えめではありますが、においに敏感な人や、フローラル系の香りが苦手な人からは「ニオイが気になった」とネガティブな声が寄せられていました。

ただ、バイオイルの香りに関しては賛否両論分かれており「香りが好き!」という評価も聞こえてきます。

香りの良しあしに関しては、個人の好みが大きく影響しそうです。

バイオイルの悪い口コミ「傷跡への効果」について

傷跡への効果に関して、バイオイルを販売している小林製薬さんのホームページを見てみると、バイオイルの説明書きに以下の文言が見て取れます。

キズあと※1、ニキビあと※1などの肌をケアするユニークなコンセプトを持つスキンケアオイル(化粧品)です。
※1 キズあと、ニキビあと、妊娠線とはケロイドや色素沈着のある肌ではなく完治して健常な状態に戻った肌のことです。

参考:小林製薬さんのホームページ

ネット上での口コミでも「傷跡が薄くなった!」といった書き込みが多いため、傷跡をきれいさっぱり消すような効果を期待してしまいがちですが、バイオイルはあくまでも化粧品であり、傷を治癒する効果はありません。

オイルでの保湿によって、傷跡をきれいに見せる働きには期待が持てますが、過度な期待は禁物。あくまでも、保湿ケアの一貫として使うのが良さそうです。

バイオイルの悪い口コミ「ベタつきやテカりが気になった」について

バイオイルは、一般的なオイルタイプのスキンケア用品と比べると軽めの使い心地です。サラサラした使用感ではありますが、それでもやはり、オイルならではのベタつきやテカりは残ります。

さっぱりした使用感のスキンケア用品で保湿ケアを行いたい人からは低評価を受けているケースも見受けられました。

バイオイルの良い口コミを検証

では逆に、「バイオイルを使ってよかった」という人の口コミ内容を見てみると、以下のような感想が多く寄せられていると分かります。

バイオイルの良い口コミ特徴
  • 傷跡まわりの肌のつっぱりが気にならなくなってきた
  • じょじょに傷跡が目立たなくなってきた
  • オイルなのにベタつかない
  • 肌が柔らかくなる

バイオイルに寄せられる口コミレビューの中で、もっとも多い感想は、

「保湿されている感がある」
「オイルなのに使いやすい」

という喜びの声でした。

サラッとした使い心地なので、オイル系のコスメが苦手な人でも「全身に使える」と好評。

保湿対策に、1本持っておくと便利なスキンケア用品として高い支持を得ていました。

「使っていて肌が荒れた」といった声もあまり見かけませんでした。

効果や感じ方には個人差がありますが、全体的に高評価な口コミが多いのが特徴的でした!

バイオイルの販売店情報|どこで買える?値段は?どこが安い?

バイオイルの価格(楽天、アマゾンなど)バイオイルは、全国のドラッグストア(薬局・薬店)やバラエティショップ(ドンキホーテなど)で市販購入できます。

ネット通販では、楽天やAmazonなどでも取扱いがあります。

各店舗により、キャンペーンやポイント割引などが変わるため、一概に「どこが安い」とは言い切りにくいですが、ネット通販などであまりにも安すぎる価格のものは、海外製のバイオオイルである可能性があるのでご注意を。

日本でバイオイルを取り扱っている小林製薬では、以下の値段が希望小売価格として設定されています。

■バイオイルの希望小売価格

  • 25ml 700円
  • 60ml 1,600円
  • 125ml 2,800円
  • 200ml 3,600円

バイオイルに関する、よくある質問Q&A

バイオイルよくある質問

バイオイルの使い方は?

小林製薬公式HP記載のバイオイル使用方法は、「朝晩のスキンケア、ボディケアとしてお使いください」と記載されています。

とくに難しい使い方をするオイルではないので、乾燥の気になる部分に塗って使っていきます。

顔の保湿だけでなく、足や手、肌のキズあとやニキビあとの保湿、お腹まわりの妊娠線対策にも使えます。

バイオイルの1回の使用量は?

お顔全体で1~2滴、部分使いで保湿ケアする場合はバイオイル1滴程度が使用量目安です。

伸びがよく、保湿力が高いオイルですので、少量から試してちょっとずつ付け足していくのがおすすめです。

バイオイルの内容量は?

バイオイルは4種類のサイズが用意されています。
(25ml/60ml/125ml/200ml)

バイオイルはどんな匂い?

バイオイルは香料が使われており、独特の香りがします。
公式サイトでは「ラベンダーやカモミール、ローズマリー等の天然オイルにローズ調の香料を加えた香りです。」との記載があります。

バイオイルに副作用はある?成分の毒性は?

バイオイルはミネラルオイルを主成分にしたスキンケアオイルです。

ミネラルオイルにアレルギーがある場合は、肌荒れなどが起きる可能性があるので、使用を控えたほうがよいでしょう。

バイオイルを実際に使ったユーザーさんの口コミで「副作用が出た」という評判はほとんど見かけませんが、お肌に異常を感じた場合は使用を中止してください。

※「傷跡の保湿」に使う場合は、傷が完治してから、健常な肌へ戻ったあとにお使いください。

バイオイルは髪にも使える?

小林製薬の公式サイトで正式にアナウンスされているわけではありませんが、バイオイルを髪に使っている、という体験レビューは多く見かけます。

サラッとしたオイルなので、髪の保湿ケアに愛用している人もいらっしゃいます。

「髪のケアに特化したヘアオイルが使いたい!」という場合は、以下の記事も参考にしてください。

モロッカンオイルトリートメント口コミ効果!実際に使ってみた評判、正規品販売店情報も
この記事では、モロッカンオイルトリートメントの口コミ効果について、できるだけ簡潔にまとめています。また、モロッカンオイルがどこで買えるか?といった、販売店情報も。 「モロッカンオイルの使用感は悪い?良い?」 「モロッカンオイルで髪は...

バイオイルを顔に使うと毛穴やニキビ、シミ、シワに効果ある?

小林製薬の公式サイトQAでは

「乾燥による小じわを目立たなくする効果があります。(効能評価試験済み)」

と、シワに対して保湿によるアプローチができる旨の記載があります。

毛穴やニキビ、シミなどに関してはとくに何も書かれてはいませんが、乾燥が原因の肌悩み(毛穴の開き・乾燥によるニキビの発生など)に有効活用できます。

バイオイル基本情報

商品名 Bioil
(バイオイル)
ジャンル スキンケア用オイル
特徴
  • 保湿効果によりキズあと・ニキビあとをキレイに見せる
  • お腹まわりの妊娠線を保湿ケア
  • オイルならではの高い保湿効果
  • ベタつかずサラッとした使用感
カテゴリー 化粧品
容器 ボトル式
香り あり

 

バイオイルの販売会社

販売会社 小林製薬株式会社
本社所在地 〒541-0045
大阪市中央区道修町4丁目4番10号
KDX 小林道修町ビル
TEL 0120-5884-06
主な事業 医薬品、医薬部外品、芳香剤、衛生材料などの製造販売を行う製造販売事業
設立年月日 1919年8月22日

 

タイトルとURLをコピーしました